英語文法 忍者ブログ
英語は失敗から学んでいくのです。 初級英文法を間違った例文をもとに分かりやすく解説します。 中学生や英語のやり直しを考えている方などのご訪問をお待ちしています。
最新コメント
[04/18 西山]
[02/21 とみー]
[01/29 tadashi kimura]
[11/14 clown]
[07/28 管理人]
プロフィール
HN:
カッチー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
2008/12/24 (Wed)
物事の習得は、スルスルと先に進める時ではなく
「こりゃ大変だ」などと、苦しみもがいている時こそ
その進歩をものにできるチャンスなのです。

記憶には、脳科学的に、短期記憶と長期記憶の2種類があるそうです。

言語は長期記憶にとどまり記憶されるので
外国語も、この中に多く記憶できると
その習得が、できるということになるわけです。

勉強において、この長期記憶の中に記憶がとどまるのは
そのほとんどが、繰り返しの練習からですが
驚きや感動といった、強く印象付けてくれたりする状況も
その一役を買っています。

ですから、もし、一度忘れてしまっていた表現などに
再度出会った時は、大げさに歓声を上げたりして
しっかり頭に刻み込むようにしてみましょう。

例えば、次の表現を覚えておいてみてください。
いつか、再度ここで出してみたいと思います。

You never know what the future holds.
(ユー・ネヴァ・ノウ・ワッダ・フューチャ・ホウルズ)
「先の事は分らないよ。」


私自身が知らなかった表現に出会ったときも
そのフレーズを繰り返し発音し
次の日くらいに、再度確認したりします。

当然に、覚える量が増えてくると
忘れてしまうものもたくさんあります。

それは、短期記憶の中にしか入っていなかったからです。

したがって、忘れていたものに再度出会ったときこそ
長期記憶にとどめることができるチャンスなのですから
投げ出さずに続けることが大切であると、強く感じています。


どんな会話にもついていける究極の英語スピーキング上達法(特許申請中)


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
your name:
title:
font color:
mail:
URL:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

:secret?   

※secretを設定した際、「管理人の了承後に表示されます」と出るのは仕様です。ご了承ください。
trackback
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お知らせ
当ブログで記載している内容が、メルガマで毎週あなたのもとに無料で届きます。
英語のおすすめメルマガにも掲載して頂きました。
★メルマガ広告掲載受付中
メルマガ登録・解除
 





基礎英文法
Blog Produce : カッチー / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]