英語文法 忍者ブログ
英語は失敗から学んでいくのです。 初級英文法を間違った例文をもとに分かりやすく解説します。 中学生や英語のやり直しを考えている方などのご訪問をお待ちしています。
最新コメント
[04/18 西山]
[02/21 とみー]
[01/29 tadashi kimura]
[11/14 clown]
[07/28 管理人]
プロフィール
HN:
カッチー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
2008/08/02 (Sat)
次の英文の間違いを探してください。

 I got up fast than my father yesterday.
「ボクは昨日お父さんよりもはやく起きた。」

日本語の解釈というのは、日本人にとっても本当に難しいものです。

この英文での問題点は「はやく起きた」というところにあります。

ご存知のように「やはく」は「速く」と「早く」の2通りがあるわけですが
小学生や中学生の人たちは、この違いをあまり考えていないことがよくあります。

「速く」は、その行動自体が速いわけで、「速く走る」とか「速く泳ぐ」のようになりますよね。

「早く」は、その行動をする時間帯などが早いわけで、「家に早く帰る」のようになります。

ということは、この例文での「はやく」は「早く起きた」
となるような英単語を考えなければなりません。

「速く」は fast で、「早く」は early です。

もし、最初の英文をそのまま日本語で考えれば
「目を覚ましたのはどちらが先かわからないが、起き上がったのは父より私のほうが先だった」
というようなことになってしまいそうです。

もちろん、ここでの got up (get upの過去形)「起きた」は、朝、目を覚ましてから起き上がり
その後に、朝食を食べたり、顔を洗ったりすることが予想される行動ですから
fast 
ではなく early(アーリー)を使うことが正しい選択となるわけです。


 それでは今日の正解例を見てみましょう。
  
  
【正解例】

I got up earlier than my father yesterday.

しかも、これは比較の文なので early  earlier にしなければならなかったのです。


拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
your name:
title:
font color:
mail:
URL:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

:secret?   

※secretを設定した際、「管理人の了承後に表示されます」と出るのは仕様です。ご了承ください。
trackback
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お知らせ
当ブログで記載している内容が、メルガマで毎週あなたのもとに無料で届きます。
英語のおすすめメルマガにも掲載して頂きました。
★メルマガ広告掲載受付中
メルマガ登録・解除
 





基礎英文法
Blog Produce : カッチー / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]