英語文法 忍者ブログ
英語は失敗から学んでいくのです。 初級英文法を間違った例文をもとに分かりやすく解説します。 中学生や英語のやり直しを考えている方などのご訪問をお待ちしています。
最新コメント
[08/11 Trey Vanhamlin]
[04/18 西山]
[02/21 とみー]
[01/29 tadashi kimura]
[11/14 clown]
プロフィール
HN:
カッチー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
2015/06/20 (Sat)
●次の日本文を英文にしましたが、訂正したい箇所があります。

「向こうで警察がスピード違反の取り締まりをしているよ。」

The police is cracking down on speeding over there.

今回の英文には、かなり難しい単語が入っていると思いますので、まずはそちらから説明をしておきます。

crack down on で「~を取り締まる」という意味です。

その次の speeding は「スピード違反」です。

これだけヒントを出せば、どこが間違いかは、大体想像が付くと思いますが、いかがでしょうか。

訂正箇所は基本的な部分になるのですが、誰でも間違えてしまう可能性があります。

このままでも会話では完全に通じまずが、テストでは相当に減点となるでしょう。


■それでは、あなたなら最初の英文をどのように訂正しますか。
↓応援クリックをお願いできませんか~↓
にほんブログ村 英語ブログ 英文法へにほんブログ村

<Continuance>
【解答例】
The police are cracking down on speeding over there.

be動詞の is を are に訂正しました。

これは、主語である the police が通常複数として扱われるからです。

つまり一人の警察官ということではなく、警察官が集まったその集合を指しているわけです。

ところで the を省略してpolice だけになることもあります。

また、動詞として「取り締まる」「治安を守る」などの意味でも使われます。

Is anyone policing the region?[
「誰かがその地域の治安を守っているのですか。」

テストでは主語や動詞部は英語の根幹ですから、この間違いは減点が大きくなる傾向がありますよ。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
your name:
title:
font color:
mail:
URL:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

:secret?   

※secretを設定した際、「管理人の了承後に表示されます」と出るのは仕様です。ご了承ください。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
お知らせ
当ブログで記載している内容が、メルガマで毎週あなたのもとに無料で届きます。
英語のおすすめメルマガにも掲載して頂きました。
★メルマガ広告掲載受付中
メルマガ登録・解除
 





基礎英文法
Blog Produce : カッチー / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]