英語文法 忍者ブログ
英語は失敗から学んでいくのです。 初級英文法を間違った例文をもとに分かりやすく解説します。 中学生や英語のやり直しを考えている方などのご訪問をお待ちしています。
最新コメント
[08/11 Trey Vanhamlin]
[04/18 西山]
[02/21 とみー]
[01/29 tadashi kimura]
[11/14 clown]
プロフィール
HN:
カッチー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
2010/08/13 (Fri)

今月は復習月間です。

 

これまでにご紹介した間違いやすい英文の中から、

いくつかを選び、少し英文を変えて取り上げていきます。

 

●次の日本文をそれぞれ英文にしましたが、間違いがあります。

 

1.私はそこがどこだったか覚えていません。

 

I don’t remember where was there.

 

 

2.彼女は何人家族ですか。

How many families does she have?

 

 

3.彼はヘレンと結婚しないでしょう。

He won’t marry with Helen.

 

 

■それでは、最初の英文をどのように訂正すればよいのでしょうか。

 


↓↓応援のクリックはこちらですよ~↓↓
にほんブログ村 英語ブログ 英文法へ にほんブログ村


<Continuance>

【正解例】

1.I don’t remember where it was.

 

 

「そこ」という日本語にだまされて there を使いたくなりますが、

この場合の「そこ」は「その場所」→「それ」と考えてit にします。

 

さらにこの英文は2つの文からできている

間接疑問文の形になっています。

 

したがって、where was it ではなく

where it was にしなければなりませんね。

 

 

さて、there を「そこ」という名詞として

使う場合は、次のような英文が考えられます。

 

This tree was taken from there.

「この機はそこからもってこられました。」

 

 

2.How many people does she have in her family?

 

 

動詞の have を使って言うのなら、このような言い方になるでしょう。

 

How many families だと「何家族」のように

家族の「個数」を聞いてしまうことになり、かなりまずいですね。

 

次のように言うこともできます。

How many people are (there) in her family?

 

 

3.He won’t marry Helen.

 

「~と結婚する」という動詞は、このような場合には

その後ろに with などの前置詞は付けません。

 

前置詞を付ける場合はwith ではなくto を付けますが、

その場合、動詞の部分が受動態の形になります。

 

He won’t get married to Helen.

 

また、He and Helen are going to marry. ではなく、

He and Helen are going to get married. とします。

 

 

分かったつもりでも、すぐに忘れてしまうのが

人間ですから、何度も復習をしてくださいね。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
your name:
title:
font color:
mail:
URL:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

:secret?   

※secretを設定した際、「管理人の了承後に表示されます」と出るのは仕様です。ご了承ください。
trackback
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お知らせ
当ブログで記載している内容が、メルガマで毎週あなたのもとに無料で届きます。
英語のおすすめメルマガにも掲載して頂きました。
★メルマガ広告掲載受付中
メルマガ登録・解除
 





基礎英文法
Blog Produce : カッチー / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]