英語文法 忍者ブログ
英語は失敗から学んでいくのです。 初級英文法を間違った例文をもとに分かりやすく解説します。 中学生や英語のやり直しを考えている方などのご訪問をお待ちしています。
最新コメント
[08/11 Trey Vanhamlin]
[04/18 西山]
[02/21 とみー]
[01/29 tadashi kimura]
[11/14 clown]
プロフィール
HN:
カッチー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
2010/07/31 (Sat)

次の日本文を英文にしましたが、間違いがあります。

 

「明日は雪が降るでしょう。」

 

It will have snow tomorrow.

 

 

夏なのに雪の話ですか?

という声が聞こえてきそうですが・・・。

 

今年も非常に暑い夏なので、雪のことでも想像して

少し涼んでみてください。

 

 

ということで、今週は基本の基本に立ち返ってみる問題です。

 

 

例えば、かなり難しい数学の応用問題であっても、

基本的なやり方や公式が必要な部分が多々含まれています。

 

ですから、基本問題が解けなければ応用問題は解けません。

 

 

まずは、簡単だと思える英文を、自由に使いまわせる

力を身に付けることが、さらなる進歩につながるでしょう。

 

 

■それでは、最初の英文をどのように訂正すればよいのでしょうか

 

↓↓応援のクリックはこちらですよ~↓↓
にほんブログ村 英語ブログ 英文法へ にほんブログ村

『英語OS 2006は、たった12ヶ月テキストを見ながら
CD
を聞くだけで右脳に英文の構造をインプットができ、

最短10時間で英語脳が身に付くとの評判の英文法学習教材です。

ゲーム感覚できるので、勉強は嫌いだけれど
英語を身に付けたいという人向けの教材と言えるでしょう。


<Continuance>

【正解例】

We will have snow tomorrow.

 

 

主語の it we に変える必要がありました。

 

これは、It snows. We have snow.

混同して覚えているところから生じた間違いでしょう。

 

したがってit を使うのなら、It will snow tomorrow.

としなければなりません。

 

It will snow. snow は動詞で、

We have snow. snow は名詞ですよね。

 

そして、どちらの英文であっても、

その主語を日本語にすることはありませんね。

 

snow rain などの天気を表す言葉は、

そのまま冠詞が付かない状態で使われること多いですが、

降雪や降雨といった感じで使われるときには a snow a rain

のように冠詞が付きます。

 

つまりは We will have snow tomorrowr. でも

We will have a snow tomorrow.でもよいということになりますね。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
your name:
title:
font color:
mail:
URL:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

:secret?   

※secretを設定した際、「管理人の了承後に表示されます」と出るのは仕様です。ご了承ください。
trackback
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
当ブログで記載している内容が、メルガマで毎週あなたのもとに無料で届きます。
英語のおすすめメルマガにも掲載して頂きました。
★メルマガ広告掲載受付中
メルマガ登録・解除
 





基礎英文法
Blog Produce : カッチー / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]