英語文法 忍者ブログ
英語は失敗から学んでいくのです。 初級英文法を間違った例文をもとに分かりやすく解説します。 中学生や英語のやり直しを考えている方などのご訪問をお待ちしています。
最新コメント
[08/11 Trey Vanhamlin]
[04/18 西山]
[02/21 とみー]
[01/29 tadashi kimura]
[11/14 clown]
プロフィール
HN:
カッチー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
2013/06/02 (Sun)
●次の日本文を英文にしましたが、訂正したい箇所があります。

「その地震が発生した時には、家に着くまでに10時間以上かかりました。」

It took for me more than ten hours to get home when the earthquake broke out.


南海トラフなどで起こり得るとされている
大地震の被害想定の報道を見ていると、大変恐ろしくなります。

しかし、その予想はかなり困難なようで、
それが故に、さらなる恐怖を感じずにはいられません。


media は1週間程度の食料などの備蓄を呼びかけていますが、
これも、その正確な情報がなければなかなか備えにくいものです。


さて、今回の英文はちょっと長いですね。

難しい語句もあるので少し解説します。

broke out は break out の過去形で、
ここでは「(地震が)発生した」という意味です。


■それでは、最初の英文をどのように訂正すればよいのでしょうか。


↓応援クリックをお願いできませんか~↓
にほんブログ村 英語ブログ 英文法へにほんブログ村

<Continuance>

【正解例】

It took me more than ten hours to get home when the earthquake broke out


took の後の for が不要でした。

これは It is ~ for の型と混同したりするので
つい、このように言ってしまったりすることもあるでしょう。


took は take の過去形というのは分かりますよね。

この場合は「it takes+人+時間+to~」という形で、
「人が~するのに時間がかかる」のような意味になっています。

ただ、for があったとしても通じない事はありません。

外国人が少しくらい変な日本語を話しても、
何となく分かることもありますよね。

それと同じような事かも知れません。

ただし、テストでは間違えないように、
何度も言ったり書いたりして練習しておきましょう。

ところで break out というのは中学生などの初級者には、少し難しい語句の使い方です。

これには、地震ばかりでなく、戦争が「起こる」というような場合には使われます。

他の単語としては happen に置き換えることができます。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
your name:
title:
font color:
mail:
URL:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

:secret?   

※secretを設定した際、「管理人の了承後に表示されます」と出るのは仕様です。ご了承ください。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
当ブログで記載している内容が、メルガマで毎週あなたのもとに無料で届きます。
英語のおすすめメルマガにも掲載して頂きました。
★メルマガ広告掲載受付中
メルマガ登録・解除
 





基礎英文法
Blog Produce : カッチー / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]