英語文法 忍者ブログ
英語は失敗から学んでいくのです。 初級英文法を間違った例文をもとに分かりやすく解説します。 中学生や英語のやり直しを考えている方などのご訪問をお待ちしています。
最新コメント
[04/18 西山]
[02/21 とみー]
[01/29 tadashi kimura]
[11/14 clown]
[07/28 管理人]
プロフィール
HN:
カッチー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
2011/04/30 (Sat)
●次の日本文をそれぞれ英文にしましたが、間違いがあります
 
「その古い飛行機はこの博物館にあります。」
 
There is the old plane in this museum.
 
 
さて、今回も、間違いがあるとしていますが、
学校英語においては間違いとされる部分があるということです。
 
ですから、このままでも言いたい事は通じます。
 
 
■それでは、最初の英文をどのように訂正すればよいのでしょうか。
 
↓↓応援のクリックはこちらですよ~↓↓
にほんブログ村 英語ブログ 英文法へ にほんブログ村

<Continuance>
【正解例】
The old plane is in this museum.
 
 
There is(are) の文法を学ぶと、とにかく何でもかんでも
こればかりにしてしまうことがよくあります。
 
there is の次には主語となるものがきます。
 
そして、普通はその主語になる言葉は、
特定の物(人)ではない物、つまり、誰の物とか、
どういった物とか、まだはっきりしていない物が対象になります。
 
例えば myとかhis とかがそれらにくっ付くと、
通常は there is の英文にはしません。
 
○ My cat is in the yard.
× There is my cat in the yard.
 
 
There is の英文で最初の英語を書けば次のようになるでしょう。
 
There is an old plane in this museum.
「この博物館には古い飛行機が(1機)あります。」
 
 
ただ、There is the … と続いていくことも実際の会話にはあります。
 
しかしながら学校英語では、基本の文法通りにする方が良いでしょう。 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
your name:
title:
font color:
mail:
URL:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

:secret?   

※secretを設定した際、「管理人の了承後に表示されます」と出るのは仕様です。ご了承ください。
trackback
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お知らせ
当ブログで記載している内容が、メルガマで毎週あなたのもとに無料で届きます。
英語のおすすめメルマガにも掲載して頂きました。
★メルマガ広告掲載受付中
メルマガ登録・解除
 





基礎英文法
Blog Produce : カッチー / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]