英語文法 忍者ブログ
英語は失敗から学んでいくのです。 初級英文法を間違った例文をもとに分かりやすく解説します。 中学生や英語のやり直しを考えている方などのご訪問をお待ちしています。
最新コメント
[08/11 Trey Vanhamlin]
[04/18 西山]
[02/21 とみー]
[01/29 tadashi kimura]
[11/14 clown]
プロフィール
HN:
カッチー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
2010/04/19 (Mon)

次の日本文を英文にしましたが、間違いがあります。

 

「彼女が作ったイタリア料理はまずかった。」

 

The Italian food she cooked was bad taste.

 

 

イタリアの食べ物といえばスパゲティやピザですが、

皆さんはどんな食べ物を思い浮かべますか。

 

ホームステイ先で食べた、イタリア留学生が作った

イタリアンパスタは、ほとんど具もなくて最悪でした。

 

イタリア人が作るからといって、そのイタリア料理が

いつもおいしいとは限りませんね。

 


今回の英文ですが、集団の中で英語を学習する時、

少し変な表現でも、周りの学習者たちが使っていたりすると、

なんとなく正しく思えてくることがあります。

 

また、ネイティブが使っているからといって、

それは、いつも正しい文法になっているとは限りません。

 

日本人の使う日本語にもそれは当てはまりますね。

■それでは、最初の英文をどのように訂正すればよいのでしょうか。

↓↓応援のクリックはこちらですよ~↓↓
にほんブログ村 英語ブログ 英文法へ にほんブログ村

<Continuance>

【正解例】
The Italian food she cooked tasted bad.

 

 

問題は was bad taste の部分です。

 

日本語を直訳するとこのような言い方になってしまいますね。

 

しかし、be動詞と共に taste をこのように使うことはできません。

 

 

taste は名詞だけでなく、「~な味がする」というような意味で

動詞としても使われるので、今回の場合には、

正解例のように言うことが可能です。

 

 

また、この英文では food が先行詞となって、

関係代名詞の which がその後で省略されています。

 

The Italian food (which) she cooked tasted good.

とすれば分かりやすいでしょう。

 

他の言い方では、次のように言うこともできるでしょう。

 

The Italian food she cooked wasn’t good.

 

味が最悪な時はdisgusting という単語も使えます。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
your name:
title:
font color:
mail:
URL:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

:secret?   

※secretを設定した際、「管理人の了承後に表示されます」と出るのは仕様です。ご了承ください。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お知らせ
当ブログで記載している内容が、メルガマで毎週あなたのもとに無料で届きます。
英語のおすすめメルマガにも掲載して頂きました。
★メルマガ広告掲載受付中
メルマガ登録・解除
 





基礎英文法
Blog Produce : カッチー / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]