英語文法 忍者ブログ
英語は失敗から学んでいくのです。 初級英文法を間違った例文をもとに分かりやすく解説します。 中学生や英語のやり直しを考えている方などのご訪問をお待ちしています。
最新コメント
[08/11 Trey Vanhamlin]
[04/18 西山]
[02/21 とみー]
[01/29 tadashi kimura]
[11/14 clown]
プロフィール
HN:
カッチー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
2008/11/19 (Wed)
「ポールはアメリカの車は持っていません。」

この日本文を次のような英文にしましたが、間違いがあります。

Paul has not an American car.

今日の例題も簡単にわかってしまった方も多いと思いますが
そうでない方は、基本に戻ってしっかり確認しなければなりません。

この英文はイギリス英語の話になれば
単に間違いとは言えない場合もありますが
英語の基本を学ぶ上では不合格です。

例えばbe動詞のある否定文ではbe動詞の後ろに not を書きますよね。

They are from Italy.
「彼らはイタリアの出身です。」

They are not from Italy.
「彼らはイタリアの出身ではありません。」

しかし、has はbe動詞ではないので
has not とすることは、基本の文法では歓迎されません。

このような否定文を作ってしまう人がたくさんいます。

これはbe動詞を先に学習してしまうことが
一つの原因かもしれません。


■それでは、最初の英文をどのように訂正すればよいのでしょうか。

にほんブログ村 英文法
応援の1クリックを頂ければとっても幸いです。


<Continuance>
【正解例】
Paul doesn't have an American car.

has が一般動詞として使われているのですから
ここは主語が単数であることに注意して
doesn't (does not) を使って否定文にしましょう。

もちろん has は have にすることも忘れてはいけませんよ。

さて、アメリカで使われる英語とイギリスで使われる英語の文法には
少し違いがあることも、ついでに覚えておきましょう。


さらに詳しい説明は一週間だけメルマガでご覧頂けます。


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
your name:
title:
font color:
mail:
URL:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

:secret?   

※secretを設定した際、「管理人の了承後に表示されます」と出るのは仕様です。ご了承ください。
trackback
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お知らせ
当ブログで記載している内容が、メルガマで毎週あなたのもとに無料で届きます。
英語のおすすめメルマガにも掲載して頂きました。
★メルマガ広告掲載受付中
メルマガ登録・解除
 





基礎英文法
Blog Produce : カッチー / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]