英語文法 忍者ブログ
英語は失敗から学んでいくのです。 初級英文法を間違った例文をもとに分かりやすく解説します。 中学生や英語のやり直しを考えている方などのご訪問をお待ちしています。
最新コメント
[04/18 西山]
[02/21 とみー]
[01/29 tadashi kimura]
[11/14 clown]
[07/28 管理人]
プロフィール
HN:
カッチー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
2010/07/24 (Sat)

次の日本文を英文にしましたが、間違いがあります。

 

「あなたはこの電子メールに返事を出すべきではない。」

 

You should not answer to this e-mail.

 

 

毎日くだらない電子メールがたくさん届きます。

 

出会い系サイトや競馬の予想、インチキまがいの金儲けの話など

まったく、うんざりするものばかりです。

 

例え、おかしなメールが届いても、

苦情のメールは慎んだ方が得策でしょう。

 

更なるたくさんの迷惑メールが届く恐れがあります。

 

ということで、ちょっと英語とはかけ離れましたが、

今回の英文は、このままでも十分に通じるでしょう。

 

でも、完全を求めたいなら、少しだけ手直しをしてみましょう。

 

 

■それでは、最初の英文をどのように訂正すればよいのでしょうか。

 


↓↓応援のクリックはこちらですよ~↓↓
にほんブログ村 英語ブログ 英文法へ にほんブログ村


英文法の勉強?正攻法で行くなら、これしかないかも。
非常に良く売れている、おすすめ中のおすすめ英語教材です!




<Continuance>

【正解例】

You should not answer this e-mail.

 

 

answer の後ろの to が不要でした。

 

この answer という単語は、動詞だけでなく、名詞としても

使われることは、よく皆さんもご存知だと思います。

 

今回の問題のように動詞として使う場合は、

その後ろに何も付けずに、そのまま目的語を付けます。

 

 

名詞として使う場合には、次のようにしても使えますね。

 

This is my answer.

「これが私の答えです。」

 

しかし、この後ろにさらに何かを付ける場合は

次のように、to を付ける必要があります。

 

This is my answer to your question.

「これがあなたの質問に対する私の答えです。」

 

動詞として使うか、それとも名詞として使うのかが

非常に重要だということですね。

 

 

また、e-mail も、名詞だけでなく動詞としても使われます。

 

Please e-mail me her new address.

「彼女の新しい住所をメールで送ってください。」

動詞としてどんどん使ってみましょう。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
your name:
title:
font color:
mail:
URL:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

:secret?   

※secretを設定した際、「管理人の了承後に表示されます」と出るのは仕様です。ご了承ください。

投稿者グループを作りませんか
すばらしいブログ拝読しました。
ニューヨークタイムズなどの海外主要紙に投稿するグループを作りたいと計画しています。いかがでしょうか?
Hideo Watanabe URL 2010/07/27(Tue)15:08:16 edit

trackback
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お知らせ
当ブログで記載している内容が、メルガマで毎週あなたのもとに無料で届きます。
英語のおすすめメルマガにも掲載して頂きました。
★メルマガ広告掲載受付中
メルマガ登録・解除
 





基礎英文法
Blog Produce : カッチー / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]