英語文法 忍者ブログ
英語は失敗から学んでいくのです。 初級英文法を間違った例文をもとに分かりやすく解説します。 中学生や英語のやり直しを考えている方などのご訪問をお待ちしています。
最新コメント
[08/11 Trey Vanhamlin]
[04/18 西山]
[02/21 とみー]
[01/29 tadashi kimura]
[11/14 clown]
プロフィール
HN:
カッチー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
2009/12/12 (Sat)

次の日本文を英文にしましたが、間違いがあります。

「そのドアからこの建物に入ってはいけません。」

■ You must not enter to this building from the door.


英語は、会話をしたり文章を書いたりする場合、
主語を省略せずに言ったり書いたりすることが普通です。

しかし、日本語はあまり主語を使わなくても
相手に言いたい事を伝えることができる言葉なので、
堅苦しい会話の中であっても、主語が省略されることが普通です。

その違いが日本人に英語の習得を難しくしている
原因の一つになっているでしょうか。

例文にある you は、“あなたは”と、特定の誰かのことを
指す場合ばかりではありません。

これは「関係者以外」の人たちだと考えることもできるわけです。

今回は非常に日本語の訳に騙されやすいと思いますので
文法的に考えることができなければ、間違いを見抜けないかもしれません。

もちろん、言葉の流れとして、変だと感じることができるほどの
練習ができている方にとっては、文法など必要ないでしょう。


「関係者以外立入禁止」の表現だと以下のようなものもあります。
 
Only authorized people can enter.
 
標識だと次のようなものもあります。

NO VISITORS ALLOWED


↓↓応援のクリックはこちらですよ~↓↓
にほんブログ村 英語ブログ 英文法へ にほんブログ村

携帯電話サイズの大きさに厳選した英語教材を収録し、英和・和英辞書も搭載して、携帯して手軽に、効率よく英語上達する英語学習マシンです。 ワンセグテレビを予約録画して学習に役立てることが可能になりました。

<Continuance>
【正解例】
You must not enter this building at the door.


それでは、少し文法的な面からも解説をしていきましょう。

通常、“~に入る”という意味では enter = go into なので、
enter の後ろに into を使ってはいけません。

ただし、「会話を始める」などの意味では
enter into conversation となって into が使われます。

さて from という単語は、本来、“あるところから離れる”
というような意味を持つ言葉です。

したがって、日本語が“ドアから”となっていても
from the door とすると、もともと、その“ドアのところ”
にいた人が、そこから離れるといった感じになってしまいます。

最初から“ドアのところ”にいて、そこから建物に
入って行くというようなことはないでしょうから、
この場合には、at the door とする必要があるわけです。

または、“そのドアを通って”ということで
through the door とすることもできます。

英語は本当に理屈っぽいなあ、と言いたくなるところですが
これこそが、英語という言葉を生んだ文化なのかも知れませんね。

from door to door という表現もありますが、
この場合の door は“ドア”という意味ではなく、
一軒の家を指していることになるので「一軒一軒に」などの意味になります

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
your name:
title:
font color:
mail:
URL:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

:secret?   

※secretを設定した際、「管理人の了承後に表示されます」と出るのは仕様です。ご了承ください。
trackback
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お知らせ
当ブログで記載している内容が、メルガマで毎週あなたのもとに無料で届きます。
英語のおすすめメルマガにも掲載して頂きました。
★メルマガ広告掲載受付中
メルマガ登録・解除
 





基礎英文法
Blog Produce : カッチー / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]