英語文法 忍者ブログ
英語は失敗から学んでいくのです。 初級英文法を間違った例文をもとに分かりやすく解説します。 中学生や英語のやり直しを考えている方などのご訪問をお待ちしています。
最新コメント
[08/11 Trey Vanhamlin]
[04/18 西山]
[02/21 とみー]
[01/29 tadashi kimura]
[11/14 clown]
プロフィール
HN:
カッチー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
2017/02/04 (Sat)
●次の日本文を英文にしましたが、訂正したい箇所があります。

「約130年前、誰が日本人にテニスを伝えたのでしょうか。」

Who introduced Japanese people tennis about 130 years ago?


テニスが日本に伝わったのは約130年前のことらしいです。

全豪4回戦での錦織圭選手の敗退は残念でした。

それよりもフェデラーの復活には驚きを隠せませんでした。


さて、introduce を使った英文は以前にもここで違って意味で扱ったことがあります。

ただ、その時はこの単語自体が間違った使い方でした。

この単語は「(人を人に)紹介する」といった形で使われますが、今回は「(人に物・事を)伝える」ということで使っています。

このままでも十分に言いたいことは通じますが、文法的には少し正しくありません。


■それでは、あなたなら最初の英文をどのように訂正しますか。

↓応援クリックをお願いできませんか~↓
にほんブログ村 英語ブログ 英文法へにほんブログ村

<Continuance>
【解答例】

Who introduced Japanese people to tennis about 130 years ago?


今回は tennis の前に to を付ける必要がありました。

日本語としては「日本人にテニスを」となっているので、何となく to の位置も違うような気もしますね。

ここが introduce という単語の少しややこしいところなのです。

人を人に紹介するという場合、introduce A to B という形がよく使われます。

Let me introduce you to Mr. Smith.
「スミスさんを紹介させて下さい。」

このような場合、you to をとってLet me introduce Mr. Smith.と言うこともあります。

簡単には、Please meet Mr. Smith. と言うようなこともあります。

しかし、今回の英文では、人に物(スポーツ)を紹介する(伝える)といった形になっているので、人+to+物という順番が普通です。

ただ、これも入れ替えができないことはありません。

Who introduced tennis to Japanese people about 130 years ago?

つまり、このように言っても言いたいことは伝わるということですね。

しかしながら、最初の解答例のほうが、今のところは普通の言い方になるだろうということです。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
your name:
title:
font color:
mail:
URL:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

:secret?   

※secretを設定した際、「管理人の了承後に表示されます」と出るのは仕様です。ご了承ください。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お知らせ
当ブログで記載している内容が、メルガマで毎週あなたのもとに無料で届きます。
英語のおすすめメルマガにも掲載して頂きました。
★メルマガ広告掲載受付中
メルマガ登録・解除
 





基礎英文法
Blog Produce : カッチー / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]