英語文法 忍者ブログ
英語は失敗から学んでいくのです。 初級英文法を間違った例文をもとに分かりやすく解説します。 中学生や英語のやり直しを考えている方などのご訪問をお待ちしています。
最新コメント
[04/18 西山]
[02/21 とみー]
[01/29 tadashi kimura]
[11/19 Mew]
[06/11 柳沢]
プロフィール
HN:
カッチー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
2018/07/22 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2014/10/09 (Thu)
●次の日本文を英文にしましたが、訂正したい箇所があります。

「ジミー、箸をそんなふうに使ってはだめよ。お行儀が悪いわ。」

Jimmy, don’t use your chopsticks like that. That’s a bad manner.


欧米でも箸(はし)を使える人が増えてきたようなので、このような会話も欧米の食卓で日常的なものになるかも知れませんね。

逆に日本では、箸をきちんと使えない人も増えていますから、日本の一つの文化をきちんと残すためにも、箸はきちんと使いたいものです。

さて、このままでも取りあえず通じるでしょうが、少し違った意味で捉えられたりして、ジョークとか言われてからかわれるかも知れません。


■それでは、最初の英文をどのように訂正すれば良いでしょうか。


↓応援クリックをお願いできませんか~↓
にほんブログ村 英語ブログ 英文法へにほんブログ村

拍手[1回]


<Continuance>

【正解例】

Jimmy, don’t use your chopsticks like that. That’s bad manners.


一番の問題は manner にあります。

日本語では「マナー」で「行儀、作法、身だしなみ」などの意味を表しますが、英語で manner と言う場合には、「方法、態度」などを意味します。

例文のように「行儀」の意味で使う場合は manners と s を付けるのが普通です。

しかし、これは複数形を表すものではないので、その前の a も不要となります。

つまり、manners は単数形ではあっても、数えられない単語ということなのです。

日本語では、態度と行儀はその言い方によっては入れ替えもできますが、態度が悪いというのと、行儀が悪いというのは少し違いますね。

態度が悪いという場合は attitude という単語を使って a bad attitude などとすると、はっきりとその違いを示せると思います。

When I talked to the guy for the first time, he had a very bad attitude.
「初めて話をした時、その男の態度はとても悪かったよ。」
PR
この記事にコメントする
your name:
title:
font color:
mail:
URL:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

:secret?   

※secretを設定した際、「管理人の了承後に表示されます」と出るのは仕様です。ご了承ください。
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お知らせ
当ブログで記載している内容が、メルガマで毎週あなたのもとに無料で届きます。
英語のおすすめメルマガにも掲載して頂きました。
★メルマガ広告掲載受付中
メルマガ登録・解除
 





基礎英文法
Blog Produce : カッチー / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]