英語文法 忍者ブログ
英語は失敗から学んでいくのです。 初級英文法を間違った例文をもとに分かりやすく解説します。 中学生や英語のやり直しを考えている方などのご訪問をお待ちしています。
最新コメント
[06/20 ぴの]
[04/18 西山]
[02/21 とみー]
[01/29 tadashi kimura]
[11/19 Mew]
プロフィール
HN:
カッチー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
2018/10/24 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/01/30 (Sat)
次の日本文を英文にしましたが、間違いがあります。
 
「彼はこの大学の職員です。」
 
■ He is a staff of this university.
 
 
staff は「スタッフ」でもいいですし、
「社員」や「事務員」などの意味でも使われます。
 
ただ、この単語を英語で使う場合には、少し注意が必要です。
 
このままだと和製英語的な表現になってしまいます。
 
少し単語を付け足したり、別の単語で表現したりすることもできるでしょう。
 
もちろん発音は「スタッフー」ではないですよね。
 
 
■それでは、最初の英文をどのように訂正すればよいのでしょうか。
↓↓応援のクリックはこちらですよ~↓↓
にほんブログ村 英語ブログ 英文法へ にほんブログ村

拍手[0回]


<Continuance>

【正解例】
He is on the staff of this university.
 
 
正解例のような言い方は、かなり日本人には
思いつきにくいものかも知れませんね。
 
「~のスタッフ」ということで on the staff of という言い方を
そのまま覚えるようにしましょう。
 
staff は映画撮影のスタッフとか、何となくその1人1人を
指す言葉のように聞こえますが、これはその“一団”のことを言います。
 
 
日本語でその意味をうまくつかめない英単語があったら
できるだけ英英辞書で調べてみましょう。
 
しかし、簡単な単語で書いてある英英辞書でないと
初級者の方には難しいことは確かです。
 
ロングマンのネット辞書には staff は次のように説明されています。
 
the people who work for an organization
「組織のために働く人たち」
 
 
また、別の単語を付け加えるとすれば、次のようにも表現できるでしょう。
 
He is a staff member of this university.
 
他には、少し難しい employee(エンプロイ)という単語があります。
 
He is an employee of this company.
「彼はこの会社の社員です。」
 
staff を使うなら、やはりHe is on the staff of this company.です。
PR
この記事にコメントする
your name:
title:
font color:
mail:
URL:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

:secret?   

※secretを設定した際、「管理人の了承後に表示されます」と出るのは仕様です。ご了承ください。
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31



基礎英文法
Blog Produce : カッチー / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]