英語文法 忍者ブログ
英語は失敗から学んでいくのです。 初級英文法を間違った例文をもとに分かりやすく解説します。 中学生や英語のやり直しを考えている方などのご訪問をお待ちしています。
最新コメント
[04/18 西山]
[02/21 とみー]
[01/29 tadashi kimura]
[11/14 clown]
[07/28 管理人]
プロフィール
HN:
カッチー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
2010/11/07 (Sun)

● 次の日本文をそれぞれ英文にしましたが、間違いがあります。

「その映画はそれぞれとてもすばらしかった。」

The each of the films were very wonderful.


このように言っても、言いたい事は十分に通じます。

そして、ある部分については、そのままでも会話では
見過ごされることも多々あるでしょう。

つまり、今回の英文は、その内容を伝えるにはそれほど問題には
ならないのですが、文法的にはやはり減点されてしまうものです。


■それでは、最初の英文をどのように訂正すればよいのでしょうか。




↓↓応援のクリックはこちらですよ~↓↓
にほんブログ村 英語ブログ 英文法へ にほんブログ村

<Continuance>
【正解例】
Each of the films was very wonderful.


まず、先頭の the は不要です。

そして、each は、通常、単数として扱われる単語ですから、
主部に複数形の films があってもbe動詞は was にします。

主語と動詞部の関係は、英語を理解する
上で最も重要な部分と言えます。

films という複数の単語があるからといって、
単純に were としてしまうのはいただけませんよ。

each を見たらすぐに、これは単数扱いだと
すぐに頭に出てくるようにしておいてください。

ただし、次のように言うことは可能です。

The films were each very wonderful.

この場合には主語がfilms と複数形なので、be動詞が were になるのは当然ですね。

ところで、films は movies にすることもできます。

これはイギリスでは film で、アメリカでは movie が主に使われるという違いです。

拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
your name:
title:
font color:
mail:
URL:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

:secret?   

※secretを設定した際、「管理人の了承後に表示されます」と出るのは仕様です。ご了承ください。
trackback
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お知らせ
当ブログで記載している内容が、メルガマで毎週あなたのもとに無料で届きます。
英語のおすすめメルマガにも掲載して頂きました。
★メルマガ広告掲載受付中
メルマガ登録・解除
 





基礎英文法
Blog Produce : カッチー / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]