英語文法 忍者ブログ
英語は失敗から学んでいくのです。 初級英文法を間違った例文をもとに分かりやすく解説します。 中学生や英語のやり直しを考えている方などのご訪問をお待ちしています。
最新コメント
[04/18 西山]
[02/21 とみー]
[01/29 tadashi kimura]
[11/14 clown]
[07/28 管理人]
プロフィール
HN:
カッチー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
2009/01/29 (Thu)
次の日本文を英文にしましたが、間違いがあります。

「彼は高校生の時、一度、外国に行ったことがあります。」

He has gone abroad once when he was in high school.


今回は時制に関する問題です。

時制とは「現在」や「未来」「過去」「現在完了」などの
時間を全体的に扱う場合の文法用語です。

先の例題において、He has gone abroad once の部分は
has gone があるので、現在完了形ですね。

後ろの when he was in high school の部分は
be動詞の was があるので、時制は過去形ということになります。

この時制という言葉は、英語文法を説明する上で
とても使い勝手がいいので
できるだけ覚えておいたほうが良いでしょう。


■それでは、最初の英文をどのように訂正すればよいのでしょうか。


にほんブログ村 英文法応援の1クリックを頂ければとっても幸いです。


<Continuance>

【正解例】
He went abroad once when he was in high school.


前半の文章の時制が現在完了形になっていたので
そこを過去形に直さなければいけません。

日本語で「~したことがある」となっている場合は
“経験”を表すので、現在完了形にしがちです。

しかし、現在完了の“経験”は、過去から今現在まで続き
さらに、これからも、その行為が発生することが前提です。

では、なぜ今回の例文が現在完了形にならないのでしょうか。



★さらに詳しい説明は一週間だけメルマガでご覧頂けます。


 

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
your name:
title:
font color:
mail:
URL:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

:secret?   

※secretを設定した際、「管理人の了承後に表示されます」と出るのは仕様です。ご了承ください。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お知らせ
当ブログで記載している内容が、メルガマで毎週あなたのもとに無料で届きます。
英語のおすすめメルマガにも掲載して頂きました。
★メルマガ広告掲載受付中
メルマガ登録・解除
 





基礎英文法
Blog Produce : カッチー / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]