英語文法 忍者ブログ
英語は失敗から学んでいくのです。 初級英文法を間違った例文をもとに分かりやすく解説します。 中学生や英語のやり直しを考えている方などのご訪問をお待ちしています。
最新コメント
[04/18 西山]
[02/21 とみー]
[01/29 tadashi kimura]
[11/14 clown]
[07/28 管理人]
プロフィール
HN:
カッチー
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
2013/05/04 (Sat)
●次の日本文を英文にしましたが、訂正したい箇所があります。

「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツはナンシーを大変興奮させた。」

Tokyo Disneyland Electrical Parade Dreamlights made Nancy so exciting.


ゴールデンウィークで、あちこちに出かけられている方も非常に多いことでしょう。

さて、主語が大変長くなりましたが、
ディズニーランドの一つの名物ですから、どうぞご了承ください。

と言っても、私は行ったったことがありません。

チョット行ってみたいかな~。


さて、主語以外の部分がおかしいということで、かなり的が絞られるはずです。

どこがおかしいのかじっくり考えてみて下さいね。

考えれば考えるほど、自分の身に付いてきます。


■それでは、最初の英文をどのように訂正すればよいのでしょうか。

↓応援クリックをお願いできませんか~↓
にほんブログ村 英語ブログ 英文法へにほんブログ村

<Continuance>

正解例】

Tokyo Disneyland Electrical Parade Dreamlights made Nancy so excited.


今回もexcite の単語の使い方が間違っている問題でした。

 

excite という単語は、「(人を)興奮させる」といった意味があります。

そして、これはexciting と excited の形になったりします。

例えば、I was excited. で「私は興奮(ワクワク)した。」とでき、
この場合は、その主語が人物になるのが普通です。

一方、exciting は、主語が物になるのが通常で、
The roller coaster was exciting. 「そのローラーコースターには興奮した。」
のようになり、それぞれ、exciting と excited を入れ替えることはできません。

つまり、例題は make 人+形容詞となる形なので、
この「人」=形容詞とするために excited としなければならないわけです。

形容詞という文法的なものが難しく感じる方は、
それをあまり意識せずに、何度も口に出して覚えてください。


そこで簡単な英文を使って練習しておきましょう。

The news made me sad.
「その知らせは私を悲しくさせた。→その知らせを聞いて悲しくなった。」

His words made her so happy.
「彼の言葉は彼女を幸せにした。→彼女の言葉で彼女は幸せになった。」

これらの日本語の訳は、人によっても少しずつ違ってくるでしょう。

 

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
your name:
title:
font color:
mail:
URL:
comment:
pass:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

:secret?   

※secretを設定した際、「管理人の了承後に表示されます」と出るのは仕様です。ご了承ください。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
お知らせ
当ブログで記載している内容が、メルガマで毎週あなたのもとに無料で届きます。
英語のおすすめメルマガにも掲載して頂きました。
★メルマガ広告掲載受付中
メルマガ登録・解除
 





基礎英文法
Blog Produce : カッチー / Template design : Fomalhaut
[PR]忍者ブログ / [PR]